9×9

オリジナルBL・百合小置き場

百合「magic of love」(2)おまけ

「magic of love」(2)

おまけ1


「披露宴の入場曲何にす」
「STAR TRAIN」
「決定」



おまけ2


「キスがほしいよー」
「……」
「今更好きなんて」
「……」
「言葉より魅力的だよー」
「ちらちらこっち見るのやめてくれる」
「だってゆかキスしてくれないじゃん」
「……」
「伝えたいくらい早くなるドキドキ」
「……」
「初恋は」
「あんたわたしが初恋の相手なの」
「……いえ」
「じゃあしねーよ」

「……妬いた!?ねえいまの妬いたの!?!?」
「うるさい」




おまけ3



「夏だ!!ゆか!!キスして!!!」
「夏とキスになんの関係があるんですか」
「夏はみんな狙ってるからゆかのこと狙ってるやつも絶対いるから」
「ジリリキテんの?」
「キテル!!今ならまだ間に合うよ!!」
「結婚までしてなに焦ってんの、浮気でも疑ってるんですか」
「疑ってはないよ、ゆかわたしのこと大好きじゃん」
「……」
「わたしと前の人のことが気になって眠れないときあるじゃん」
「……」
「sweetなrefrainしてるでしょ」
「うるさいなすればいいんでしょ」ちゅー
「起こるミラクル!」
「ということで安心して今日の晩御飯係よろしく」
「おねがいのときだけか!!でもかわいいしうれしいです!!」
「はいはい」



おまけ4


「今日告白された」
「えっ」
「会社の後輩なんだけど」
「……ちなみにお名前は」
「あやの」

「うわーーん!だから言ったじゃん夏はみんな狙ってるって!ゆかも狙われるって!!ていうかあやのかよ!!!よりにもよってあやの!!!!」
「騒ぎすぎ」
「だってー!ゆかのっちのこと大好きじゃん……あーちゃんとのっちどっちが好きなのよ」
「あーちゃんとのっちなら断然のっち」
「ほらー!」
「でもあやかとあやのなら普通にあやか」
「えっ」
「えってなによ。結婚までしたのに相変わらず自信ないね」
「……だってゆかは、わたしがあやかだから好きなんでしょ、名前で惚れたんでしょ」
「あんなの信じてるの?そんなわけないじゃん」
「えっ」
「確かに最初は名前で興味もったけど、それだけで好きになるわけないじゃん。あやかとさやかってどんだけありきたりな名前だと思ってんの」
「た、確かに」
「あんたと会うようになってから、あんたのことを繰り返し繰り返し思い出すようになったから、これは恋だなと思ったんだよ」
「恋」
「そうだよ」
「……ちなみにいつから」
「あんたに告白されるずっと前から」
「OH MY GOD」
「バカなふりばっかりしてるヤツだと思ってたけどいいやつだったし、ジョークばっかり言ってるけど信用できたし」
「バカはひどい」
「恋の魔法が使えればいいのにと願うくらいには好きだったよ」
「……ゆかはわたしのこと好きなの」
「そうだよ」
「自信もっていい?」
「むしろ遅いくらいだよ」
「よかった……」


「そもそもあの後輩とは全然合わないし。『Berryz工房ってなに作ってるとこですか?』とか聞いてくるんだよあり得ない」
「そりゃだめだわ」
「それを言っていいのは雅ちゃんだけだ」





「magic of love」(2)とおまけの元ネタ
Perfume
magic of love/ポリリズム/STAR TRAIN/sweet refrain/いじわるなハロー
モーニング娘。
女が目立ってなぜイケナイ/愛あらばit's all right/ハッピーサマーウェディング
Berryz工房
ジリリキテル/ROCKエロティック/本気ボンバー
Buono!
初恋サイダー
アンジュルム
七転び八起き
<RED VELVET>
Russian Roulette/Happiness
<OH MY GIRL>
Cupid

あやかはあーちゃんの本名
ゆかはかしゆかの本名
さやかはあーちゃんの妹、ちゃあぽん(9nine)の本名
あやのはのっちの本名