9×9

オリジナルBL・百合小置き場

BL「カウンター越しの恋」(6)

「カウンター越しの恋」(6)



夢のようなあの日から、本当に彼は毎朝やってくるようになった。いつも、スーツに革靴、頼むフレーバーも同じ。ただ、一年前のあの頃とは違う。彼は僕に話しかけてくれるようになった。

「おはよう。」
「今日は暑くなるようだね」

他愛ない会話。それでも十分嬉しい。
それに、彼は、僕の名前を呼んでくれるようになった。

「ハヤカワ君」

制服についた名札を見て覚えてくれた僕の名前。そして、彼の名前も教えてくれた。

「武藤さん、お待たせいたしました。」

武藤さん。この店の近くで働いているらしい。朝、コーヒーをテイクアウトして歩きながら飲むのが日課だったらしい。名前は知っていたけれども、やはり直接彼から聞く情報はいつでも新鮮で、嬉しい。

「今日もお仕事おつかれさまです。」
「ハヤカワ君も。じゃあまた明日。」

今日もまた彼にコーヒーを渡し、仕事を終える。明日はどんなことを話してくれるだろうか。僕は無口だから、彼から話しかけてくれることが多かった。明日は僕から話しかけてみたい。そういえば、カップにメッセージを書くというのも、そろそろやってみてもいいんじゃないか。色々思うことはあっても、なかなか行動に移せないまま、日々は過ぎていく。でもいまはもう、落ち込むことはない。また明日があるのだから。武藤さんと、話すことができるようになったのだから。